【W11特集】 W11(独身の日)の見えないファイター 速達便業者が迎える戦いのとき

中国最大のECイベントである「W11(独身の日)」。同イベントに関して、日本では金額面ばかりがクローズアップされますが、中国国内では金額以外にも様々な部分で注目を集めています。その一つが「物流」。W11当日に向けて綿密な準備を進めているのはメーカー、店舗、EC業者、そして消費者だけではありません。「快逓(速達便、バイク便)」会社にとっても、まさに戦いの日なのです。W11の物流に関するデータを見ながら、速達便業者の変化を見てみましょう。

 

今回、中国トレンドExpressでは、昨年のW11についてのクチコミ調査を行いました。


▼前回の記事は
【W11特集】 2017年W11をクチコミ分析 見える中国消費者の心


その中で、「W11×配送」というキーワードで、商品が到着するまでの日数を聞いてみました。ちなみに、TaobaoやT-Mallを運営し、W11イベントの生みの親でもあるアリババでは、W11当日(11月11日)から多くの商品が消費者に届く6日間を「W11期間」としています。

W11、到着までは何日間?クチコミ調査で見える配送事情

さて、クチコミ調査では以下のグラフのような結果となりました。

【グラフ】2017年W11、商品到着までの日数

出所:中国トレンドExpress調べ

その結果を見ると、商品が届くまで「2日から3日」というクチコミが最も多く7割以上を占めています。それに次いで「4日」という回答です。また、広大な中国では「5日以上かかった」ケースも10%程度存在している様子です。

日本のECでも、即日発送のサイトも多くあり、遅くとも2日後には到着しているケースが多いと思います。それゆえ、この結果だけを見ると「まぁ順当」といった気はします。

しかし本当にそうでしょうか?

Page Top