【速報】中国インターネット業界の世相が見える? 2018年版「中国インターネット企業Top100」

日本を超えるスピードでIT化が進んでいる中国。その様子はすでに日本でも多く報道され、中国IT産業の聖地ともいわれる深圳市へ視察に向かう企業、自治体も数多くあります。そうした中国のIT業界を支えるインターネット企業の状況レポート『2018中国互聯網企業100強』が、7月に中国政府から発表されました。今回はその発表から、中国の広義のインターネット業界の現状を把握していきましょう。

『2018中国互聯網企業100強』は中国互聯網協会(中国インターネット協会)、中国工信部信息中心(中国興行・情報省情報センター)が連名で発表した、中国国内におけるインターネット企業をランキング化したもの。

ランキングは企業の「規模」、「収益」、「イノベーション状況」、「成長性」、「影響力」、「社会的責任」から総合的に判断されたもの、とされています。

そのレポートでは、2017年のインターネット業界100強(トップ100)の総売上は1兆7200億元(約28兆円余り)で、前年比50.6%増。また営業利益総額も2707.11億元(約4兆4000億元)と、こちらも前年比82.6%増、トップ100企業のうち、83社で黒字決算となっており、好調な成長を見せています。

ではそのトップ100の内から、上位20社を見てみましょう。

Page Top