中国トレンドExpress

【中国消費動向】大塚家具の中国側パートナー「居然之家」って? 頼みは「アリババ」ニューリテール?

日本の大手家具・インテリアショールーム「大塚家具」が先日、中国の同業者である「居然之家(英語名:Easy Home)」との事業提携を発表しました。

日本で知られている中国企業には大手コングロマリットの「中信集団(CITIC)」や「アリババ」、「テンセント」といったIT企業、そして今話題の「華為(Huawei)」などがありますが、こうした家具・インテリア業界となると「どんな企業?」という人も多いはず。

そこで中国トレンドExpressでは、この知られざる中国家具インテリアショールーム「居然之家」、そして中国の家具市場についてまとめてみました。

「居然之家」とは?
中国の大手家具・インテリアショールーム「居然之家」を運営するのは「北京居然之家投資控股集団有限公司(董事長:汪林朋)」。北京に拠点を置き、1999年に設立されてから約20年で、中国国内に200店舗を展開、2018年の総売り上げは850億元(約1兆3860億円。2017年の売上は750億元)と、この業界においては上海に拠点を置く「紅星美凱龍」やスウェーデン著名企業である「IKEA」と肩を並べる業界TOP10にまで成長した企業です。

同時に、家具の販売だけではなく、グループ内に住宅内装の設計、施工を一貫して提供できる内装企業や主にそうした内装消費者に対しての小口金融業務を行う金融会社、さらには自社で土地開発(商業施設や住宅、オフィスビル)を行うデベロッパーといった企業を有し、まさに内装をコアとした不動産総合企業となっています。