中国トレンドExpress

【中国人訪日観光】トレンドViewerでも急上昇! やっぱり「桜が見たい!」-「○○したい」ランキングから

トレンドExpressが毎週行っている中国ソーシャルメディアにおける日本関連書き込み総件数ランキング。その中から「行った」、「食べた」、「〇〇したい」などインバウンドに関連したランキングをピックアップし、注目のキーワードを分析します。

今回は2019年3月6日〜3月12日「〇〇したい」ランキングから、この時期であればもちろん「コレ!」というべき、大人気の日本文化ニーズをお届けします。

まずランキングトップ10はこちら。

2019年3月6日〜3月12日「〇〇したい」ランキング

今週の中国人気訪日クチコミ:「桜をみたい」

今回注目するのは、春になると、〇〇したいランキングで急上昇する「桜をみたい」です。

中国トレンドExpressでも2月末から「中国消費者のお花見ニーズクチコミ分析」特集をお届けしてきましたが、やはりトレンドViewerでも「お花見したい」というクチコミが上昇してきました。


▼訪日中国人お花見ニーズ関連記事

【訪日中国人】 日韓「お花見誘致」バトル開始か? 今年もやって来る、お花見ニーズ

【訪日中国人】中国観光客のお花見ニーズをクチコミ分析!~今年も起こるか「爆花見」~

【訪日中国人】中国お花見インバウンド人気スポット分析 ~桜を求めてどこまでも

【訪日中国人】 桜の開花情報もアプリでチェック 中国人お花見インバウンド情報収集を分析

【訪日中国人】中国からの訪日観光客の心の中 一番の関心事は、自分たちのイメージ


クチコミを調べていくと、桜を見るだけでなく、期間限定商品など、桜にまつわるものも彼らを惹きつける理由のひとつになっているようです。

中国でステイタス化している「日本で桜を見ること」

昨年よりはやや遅いものの、例年よりも早く桜が開花し、お花見スポットは連日大勢の人で賑わっています。人混みを歩いていると、すれ違いざまに中国語が聞こえてくることも珍しくなくなったような気がします。

近年、中国人の間で日本の桜が人気になっており、春節が終わると、次なる訪日の目的は「桜をみたい」となるほどの人気になっているのです。

中国のメディアでも日本の桜の話題が取り上げられるほどで、2月下旬から3月の上旬辺りからは開花時期を調べたりと、日本人よりも熱心に桜の情報を集めています。

中国にも桜はありますが、「日本櫻花」と表記されるほど中国人にとっても桜は特別なもので、「日本」と「桜」がセットとして考えられているためではないでしょうか。

だからわざわざ開花時期に合わせて訪日し、桜を愛でることがちょっとしたステイタスになっているのかもしれません。

 

今シーズンは中国人観光客100万人の訪日が予想されているといいます。

中国のインターネット旅行最大手シートリップでは、訪日花見ツアーが4000元前後で売り出されているほどです。

3〜4月の訪日旅行で「桜」は重要なキーワードになっており、春節の半分ほどの料金で手ごろ感や、穏やかな気候も旅行へ誘うのには申し分ないでしょう。「爆買い」ではなく「爆花見」は、中国人観光客にとっては、この季節のトレンドになっていのでしょう。

桜の季節はピンク一色

桜が開花し始める少し前から、期間限定の関連商品などが販売されることもあり、店頭をはじめ、街中がピンク色に染まりはじめます。

先ほどは「爆花見」と記載しましたが、期間限定の桜にまつわる商品を「爆買い」する姿も見ることになります。

スターバックスの桜限定商品をはじめ、キットカットの桜日本酒、桜ロールなどスイーツも限定商品があちこちのショップで販売されます。

女性には嬉しい、化粧品の桜パッケージは、この時期だけ手に入れることが可能です。Weibo(微博)では、今年の桜限定商品をまとめて紹介しているほどで、事前にお目当の商品をチェックすることができるのです。

 

なかには、桜の季節限定の御朱印を求めて、神社へ行く人もいるほどです。これもWeiboで、手に入れることができる神社と一緒に紹介されています。

 

また、桜の見頃を迎える3月20日から4月20日までの期間中、アリペイジャパンでは、訪日中国人向けにお得なクーポンがもらえる桜キャンペーンを開催しています。

参加店舗は過去最高の約6万店にのぼり、3月26日までの時点でアリペイを通じた取引件数は、昨年の同時期比で2.7倍以上となっているそうです。まだまだ爆買いの勢いは衰えていないのかもしれません。