中国トレンドExpress

韓国ブランド「Whoo」の人気とは? 2020年W11ダークホースをクチコミ分析

色々な話題を振りまいたダブルイレブンだったが、気が付けば「W12」そしてクリスマスキャンペーン、年を超えれば春節の「年貨節」と気が抜けない。

そんな苛烈な市場競争のなかでは、やはり人気ブランドの人気たるゆえんを分析するところから始まる。

今回は2020年W11における台風の目、一気の躍進を果たした韓国スキンケアブランド「The history of Whoo/后」をクチコミ分析してみた。


おさらい。韓国ブランド「Whoo」とは

The history of Whoo/后とは、韓国のLG生活健康グループ傘下のスキンケアブランド。主力商品は「天気丹(Cheongidan Radiant Emulsion)シリーズ」。2003年に韓国で登場し、2006年には同国の人気女優であるイ・ヨンエを起用。人気を高めていった。

 

コンセプトは宮中にいる皇后や后たち。中国の簡体字では「后」も「後」も同一の漢字となってしまうが、同ブランドのコンセプトは前者。

漢字によって意味の混同が起こりえるが、それを同ブランドはプロモーションなどで補った。

もともとのデザインの豪華さにも合わせた、韓国宮廷を思わせる高級感のあるプロモーションは多くの中国消費者に好感を与えた。

 

また同ブランドでは「韓方」、すなわち韓国式漢方を使っている点であり、朝鮮人参や鹿茸(鹿の角)など中国消費者にも同ブランドの特性であるアンチエイジング効果がわかりやすいという点もあった。

 

日本ではECショップの楽天などで販売されているのを見かける程度であるが、中国では多くの百貨店にテナントを構え、各商戦でも大型のキャンペーンを展開。2019年のダブルイレブンではスキンケア部門で8位に入り、その存在感を強めていた。

 

そして今年、同ブランドは一気に4位に入り、世界のハイエンドブランドと肩を並べるまでになった。

 

12月にトレンドExpressが制作した『2020年W11商戦レポート~中国Afterコロナ消費市場開拓のために~』では、2019年と2020年のダブルイレブン期間10月20日から11月19日まで、関連クチコミを収集。各ブランドの期間中の露出件数から、話題となったブランドをランキング化した。

 

それを見ると同ブランドのWeiboおよび小紅書(RED)クチコミ件数は2019年に比べ、大幅に増加していることが見て取れる。

【グラフ】The history of Whoo/后のW11関連クチコミ対比

出所:数慧光(上海)商務諮詢有限公司調べ