中国トレンドExpress

天猫

史上最大のオーダー金額となった2020年ダブルイレブン その特徴となったのは?

熱狂と不安の中で盛り上がりを見せた2020年のダブルイレブン。その結果は日本でも大きく報道され、日本円にして約7兆9000億円という規模感に驚きを見…

オーダー金額8兆円に迫る コロナ後の2020ダブルイレブン終了

新型コロナウイルス後のダブルイレブン。前後半2部門体制の新ルールの調整が入った中国最大の商戦が終了を見た。 その結果は4982億元と、昨年を大きく上…

コロナ後のダブルイレブンはスタートから3700億元の大台へ

毎年恒例となったダブルイレブン(双十一 独身の日)が始まった。 今年は前後半の2部体制が敷かれた最初の歳であり、前半戦で大手の成果もほぼ見えている感…

2020年ダブルイレブン速報 中国最大商戦、スタートダッシュで昨年超え

今年もついに始まった。中国最大の小売イベントであるダブルイレブン(双十一 独身の日)である。 今年は新型コロナウイルス、さらには予約期の変更など外的…

“天猫88”で夏を制してダブルイレブンへ~中国小型商戦の賢い使い方~

上半期最大の商戦618が終了した。 今年は普段とは個なる環境の中、普段とは異なる盛り上がりを見せた618.それが終わったところで少し胸をなでおろして…

中国ECがまた新時代へ? 2020年Afterコロナの618

例年とは異なる雰囲気の中展開された今年の618。上半期最大の小売りイベントが終了したわけだが、その経過を見ていると、中国EC業界が新しい時代に入って…

中国Z世代が求める「美しさ」とは? 若者コスメニーズを読み解く

中国消費の主力となっている中国Z世代。そのニーズはコスメ業界からも注目されている。今回はT-Mall Globalと中国のシンクタンクが共同で発表し…

中国Afterコロナの動向は? 初の大型連休から考える

中国ではすでに「Afterコロナ」に入りつつあるが、その中で迎えたのが5月1日からの労働節。外出規制も解除されて初めて迎える大型連休を、中国の消費者…

今は「中国」がカッコいい! 地方市場の若者をがっちりとらえた「国潮」

近年、中国市場もターニングポイントを迎えている印象がある。その一要因として挙げられるのがローカルブランドの台頭と、国内ブランドを選ぶようになった中国…

【2019年アーカイブ】 「電子商務法」施行から10カ月。 この法律はなんだったのか?

2019年1月から施行された電商務法(通称:電商法)。この法律は施行前から日中間で大きく注目されていた。特に日本の商品を買い付け、中国のユーザーへ販…