中国トレンドExpress

KOL

【mini column】2021年ダブルイレブン。ライブコマースに見る多くの思惑

中国における商戦の花形といえば「ライブコマース」。特に李佳琦や薇婭といった人気KOLを活用してのライブコマースに加え、新たなプラットホームである抖音…

ライブマーケティングも新しいレギュレーション ライバーの責任も明文化

4月23日、中国では「中国互聯網信息弁公室」、「公安部」、「商務部」、「文化和旅游部」、「国家税務局」、「国家市場監督管理総局」、「国家広播電視総局…

2020年ダブルイレブンから考える KOLとライブのこれから

「ライブをやれば日本の商品は中国で売れる」、「芸能人やKOLとつながっていて、彼ら彼女らにライブをやらせれば、すぐに簡単に商品が売れる」、「中国SN…

2020年ダブルイレブン速報 中国最大商戦、スタートダッシュで昨年超え

今年もついに始まった。中国最大の小売イベントであるダブルイレブン(双十一 独身の日)である。 今年は新型コロナウイルス、さらには予約期の変更など外的…

視聴者数1億人! カリスマKOLの新たな記録も変化の予感

中国へのマーケティングは、すでにKOLという存在をなくして語ることができなくなっている。特に李佳琦(Austin)、薇婭(viya)の名前は日本の業…

ついにバーチャルもライブコマース参入 変わりゆく消費者に迫られる新たな「影響力」の発掘

労働節初日、中国のライブコマース市場で新たな試みが行われた。「人ならざる者」によるライブコマースである。 中国の消費者が変わり続ける中、その消費者に…

中国AfterコロナのKOL業界 ライブは拡大ながら、プレーヤーは混沌状態へ?

新型コロナ情勢下にあって拡大のスピードがさらに増したライブコマース。その中で重要な役割を果たしているのが、商品の魅力を消費者に伝える「KOL」たちだ…

中国マーケ業界ホットワード「私域流量」を掴め!~その成功モデルを「完美日記」から見る

中国のマーケティング業界でも大きく注目されている私域流量(Private Traffic)。その活性化によって成長を遂げたのが、中国新進気鋭のコスメ…

2020年の「315」、番組延期も 消費者権利保護への課題提起は継続

年に1度、中国の消費者が注目し、多くの企業が緊張する3月15日がやってきた。中国における消費者権益保護の日である。 この日は中国中央電視台(CCTV…

2020年も中国から目が離せない 注目すべきトピックスは?

いろいろあった2019年もようやく過ぎ去り、2020年、日本にとっては非常に重要な一年が始まった。来るべきビッグイベントに向けて、日本の企業でも準備…