中国トレンドExpress

KOL

【mini column】李佳琦が消えた? 羅永浩も後方へ? 中国のライブ、ライバーの行きつく先とは?

3.8婦人節においては、各ブランドの主戦場ともなったライブコマース。しかし、3月15日の消費者権益デーにおいて直接名指しをされた「悪質ライブコマース…

【mini column】大物の消えたライブコマース市場、その今後は?

中国の生活の中で「ライブコマースから購入する」という消費行動は、すでに浸透している。商品を生産、販売する企業の側から見れば、「ライブコマース」は、落…

【column】変化の2021年。大型商戦では何が起こったのか?

2021年も中国では恒例の商戦が展開され、多くの商品が消費者の元へと届けられた。 ブランド側としては1年が終わり、肩の荷が下りたところだろうが、20…

【column】2021年を新たな法規制の面から振り返ろう

2021年もあとわずか。新型コロナ禍においては2年目の年も暮れようとしている。 その2021年を振り返ってみれば、とにかく「オンライン取引」、「オン…

【column】2021年ダブルイレブン、クチコミ上でのライブコマースの状況は?

すでに商戦の花形となっているのが「ライブコマース」。2021年のダブルイレブンでも、KOLを活用したものや旗艦店発信のものなど、数多くのライブコマー…

【mini column】2021年ダブルイレブン。ライブコマースに見る多くの思惑

中国における商戦の花形といえば「ライブコマース」。特に李佳琦や薇婭といった人気KOLを活用してのライブコマースに加え、新たなプラットホームである抖音…

ライブマーケティングも新しいレギュレーション ライバーの責任も明文化

4月23日、中国では「中国互聯網信息弁公室」、「公安部」、「商務部」、「文化和旅游部」、「国家税務局」、「国家市場監督管理総局」、「国家広播電視総局…

2020年ダブルイレブンから考える KOLとライブのこれから

「ライブをやれば日本の商品は中国で売れる」、「芸能人やKOLとつながっていて、彼ら彼女らにライブをやらせれば、すぐに簡単に商品が売れる」、「中国SN…

2020年ダブルイレブン速報 中国最大商戦、スタートダッシュで昨年超え

今年もついに始まった。中国最大の小売イベントであるダブルイレブン(双十一 独身の日)である。 今年は新型コロナウイルス、さらには予約期の変更など外的…

視聴者数1億人! カリスマKOLの新たな記録も変化の予感

中国へのマーケティングは、すでにKOLという存在をなくして語ることができなくなっている。特に李佳琦(Austin)、薇婭(viya)の名前は日本の業…