【中国APP】2大APP時代 モバイル決済も

WeiboWeChat…。すでに日本でも耳にするようになってきた中国SNS。特に中国関連業務に携わる者であれば、必須ツールともなっています。今回はその中国SNSの2018年第1四半期の様子を、モバイル調査機関「チーターモバイル」のデータを基に見てみましょう。

 

 

※用語解説

■週間アクティブ浸透率
チーターモバイル独自の指標。APP市場全体のアクティブユーザーのうち、何%がそのAPPを利用していたか。

■周平均起動回数
そのAPPのアクティブユーザーが、1週間で何回そのAPPを起動させたか。


まずはチーターモバイルの算出した中国SNSランキングを見てみましょう。

【参考】中国SNSの利用動向

APP名 週間アクティブ浸透率 周平均起動回数
WeChat 80.74% 375.6
QQ 32.43% 173.4
Weibo 4.64% 78.8
陌陌(MOMO) 1.53% 202.4
QQ空間 0.79% 43.2
探探 0.75% 85.7
快手小遊戯 0.47% 83.4
知乎 0.45% 31.6
百度貼吧 0.45% 117.3
QQ軽聊版 0.30% 60.8

出所:チーターモバイル

やはりモバイルにおいてはWeChatの独り勝ち状態です。東京の電車や地下鉄内でもWeChatを開いている中国の方を多く見かけますが、学生からビジネスマン、企業の幹部に至るまで、すでにWeChatが無くては生活ができない状況になっています。

その状況を反映するように、アクティブユーザー浸透率、週平均起動回数ともに他の追随を許していません。


▼関連記事
【中国APP】15秒に日中の若者が熱狂 中国初のAPPが拡大中
【中国APP】初期の……なイメージを払拭 EC市場ともリンクし拡大中のライブ動画APP


Page Top