【中国プロモレポート】 日本小売の挑戦 ビッグデータでW11を切り開く(3) ―株式会社三越伊勢丹

日本の小売業としていち早く中国のEC市場に進出した三越伊勢丹。ソーシャルビッグデータとそれを基にしたWEBメディアプロモーションによって2017年のW11を戦い、成果を伸ばし続けています。最終回はそんな三越伊勢丹の振り返りと今後についてもお話を伺います。

 

 

株式会社三越伊勢丹
百貨店事業本部EC事業部
EC推進(越境MD)バイヤー
合田郷史

海外事業本部
海外営業統括部MD担当
バイヤー
吉田正輝

インタビュアー:濱野智成 株式会社トレンドExpress代表取締役社長

■行った施策

  • W11向けのトレンドPR×KOL施策。
  • 事前分析によるプロモーションインサイトの発掘と15メディア×3回の配信。
  • KOLもビッグデータ分析に基づき選定し、コンテンツを開発。新浪微博にて計4名によるコンテンツを配信。

■結果

  • 訪問客数は施策前と比較して300%以上に成長し、大幅な売上アップ
  • 天猫旗艦店のファン数も400%以上増加し、顧客資産を形成して継続的な売上アップ
    ※トレンドExpress調べ

▼これまでの記事は
【中国プロモレポート】 日本小売の挑戦 ビッグデータでW11を切り開く(1) ―株式会社三越伊勢丹
【中国プロモレポート】 日本小売の挑戦 ビッグデータでW11を切り開く(2) ―株式会社三越伊勢丹

Page Top