中国トレンドExpress

【中国地方都市】この世の楽園?ビジネスと文化の街~杭州市

中国でターゲットとなる都市と言えば、多くの人が「北京」、「上海」、「広州」、そして「深圳」などを上げると思います。いわゆる「一線都市」と呼ばれる都市は早くから外国に向けて開かれた街であり、商業においても成熟した街。また生活している消費者も高い購買能力を有しています。ただ、それが故に世界のトップブランドが集まり、苛烈な市場競争を展開。かえって参入のハードルが高い市場ともなっています。

しかし、目を転じれば広大な中国には、一線都市以外にも高い消費の意欲と能力を有した街が登場しています。

今回はそんな注目の地方都市から、上海からほど近い文化色漂う街・杭州をご紹介します。

杭州市は浙江省の省都。面積は16,596㎢、年間平均気温は17.0℃。上海からのアクセスも良く、高速鉄道(高鉄)で1時間半程度で到着できます。

 

さらに同市は「中国八大古都(歴史上、都となったことのある8つの都市)」の1つ。また風光明媚な街として知られ、「上に天国、下に蘇州・杭州。(上有天堂、下有蘇杭。)」と呼ばれるほど。

市中心部には世界遺産にもしてされる湖「西湖」があり、その美しさから国内外の観光客が集まる中国有数の観光地、上海市からの日帰りや一泊などのショートトリップ先ともなっています。

 


【動画】杭州西湖の蘇堤

 

西湖は中国の民間伝説『白蛇伝』(人類の男性と白蛇の化身である女性との恋愛物語。日本の『娘道成寺』の原型)の舞台でもあり、断橋、霊隠寺、雷峰塔など、ロマンティックなスポットが満載。

この物語は中国の若者でもファンが多く、西湖周辺では物語に登場する「白娘小(白蛇の精)」や妹の「青蛇」のコスプレイヤーが写真撮影を行っている姿が見られます。