中国トレンドExpress

中国女性のスキンケアは「食」 若者にも浸透する「養生」とは?

中国といえば「食」の国。日本でも数多くの中華料理店があり、東京などでは中国の地方料理を楽しめる店も少なくない。

しかし、中国の「食」は決してお腹や舌を満たすだけのものではない。食、漢方、美容は一体化しており、年齢層を問わず「食による美容」が定着している。

中国市場で売れ行きの日本商品といえばスキンケア、ついで健康サプリメントであるが、さらなる市場拡大を狙うためにも、中国女性消費者のスキンケア手法ともいえる「養生」について理解しておこう。

食べ物が体調を左右する~中国の「食」

まず、中国の伝統的な「食」の考え方を見ていこう。もともと「医食同源」という言葉があるように、中国では伝統的な漢方医学的な考えが現代社会でも浸透している。

 

中国の食事でよく聞くのが、食べ物(食材)の「寒」と「熱」。

体を冷やす作用がある「寒性食物」と、逆に体を温める「熱性食物」、そしてどちらでもない「中性食物」があるとされる考えだ。

この冷える、温めるというのは、必ずしも「体温の上がり下がり」を示すのではなく、現代医学的に言えば血行を鈍らせる・活性化させるといった意味合いに近い。

 

特に中国では「体を冷やす」ことにネガティブな意識があり、多くの病気が「冷える」ことによって引き起こされると考えられている。日本の飲食店のお冷に慣れず、暖かい、もしくは常温の飲み物を求めるのはそのため。

 

寒性食物で日本人がよく出会うケースが上海で「上海蟹」を食べる時。必ず食後に「生姜茶」が供されるが、これは蟹が体を冷やす「寒性食物」であり、食べた後は冷えた体を温めるために「熱性食物」である生姜を取らなくてはいけない、という考え方による。

 

では熱性食物だけを取ればいいかというと、そうでもない。

温めすぎるとかえって別の不調が現れるという。中国の一般会話で聞かれる「上火(shanghuo)」という言葉がそれだ。

これも漢方の概念の一つで、体の中の「火」の気が増えすぎ、体内の気のバランスを乱した結果、体に悪影響を与えていることを言う。

一般的な症状としては「ニキビ」、「口内炎」、「肌荒れ」、「むくみ」、「歯痛」、「頭痛」、「不眠」などなど。

 

さらに夏場の上海では「きゅうり」を食べている人を見かけるが、それはきゅうりが「寒性食物」であって、体の中の熱気を下げるという意味合いがある。中国のポテトチップスで「きゅうり味」があるのも、その派生である。

こうした食物の相性、季節性をとらえながらの食事も、中国独特の美容健康法といえる。