中国トレンドExpress

プロフィール

中国トレンドExpress 編集長 森下 智史

高校卒業後、約10か月間日本で中国語を学ぶ。1998年2月~上海で学部および大学院(中国古代史)で学ぶ。2005年に卒業後、上海で在留邦人向け情報誌の編集・ライターとして業務。2012年に日系市場調査会社上海現地法人でマーケティングリサーチ(産業調査)業務に携わる。2015年5月、17年間の中国生活に区切りをつけ、帰国。東京で日中間のビジネスコンサルティング業務を経て2018年1月にトレンドExpress入社。現在に至る。​

【column】2021年ダブルイレブンは中国エコ消費の転換期たりえるか?

2021年3月、『中国トレンドExpress』上で、中国のサステナブル消費について述べた記事を公開した。その際、筆者は「中国においては、世界的な意識…

【ダブルイレブン分析】 2021年の人気ブランドの変化はいかに

これまでとの全く異なる雰囲気を醸し出していた2021年のダブルイレブン。それでも、T-Mallのオーダー総額は5403億元と、前年比8%の増加を見せ…

5400億元を突破との報道も 静かに過ぎた異例のダブルイレブン

2021年のダブルイレブンが終了した。その様相は例年とは全く違う物であり、Afterコロナにおける最初のダブルイレブンとなった2020年とは異なる意…

冬場の唇ケアの頼れる見方に リップクリームブランドをクチコミ分析

寒さが増し、乾燥度合いも高まる中国の冬。その気候の中、市場で主たるリップクリームブランドはどのような評価を消費者から得ているのだろうか。 今回は中国…

【mini column】中国で国民的番組を通じて訴えられる「グリーン社会」~2021年ダブルイレブン前夜祭から

2021年のダブルイレブンが最終日を迎えようとしている。 この日、どうしても見てしまうものがある。 既に春節年越しの『春節聯歓晩会』と同レベルの年間…

2021年ダブルイレブン前半戦終了 その成果は?

早いもので、すでに11月3日を過ぎ、ダブルイレブンも前半戦を終了し、後半戦に移行している。 ここで中間の状況として、一部のリサーチ会社が見ている20…

乾燥の季節到来 中国消費者の唇を乾燥から守るには?

すでに冬の足音が聞こえる11月。日本でも中国でも乾燥の季節が到来している。この季節で気になるのは肌だけではなく、唇の乾燥である。 唇を彩る口紅でも感…

【中国Z世代ライフスタイル】 ダサいスポーツ用品からファッションアイテムへ クチコミで見る中国国産スポーツブランド

前回、NikeおよびAdidasの国際的2大スポーツブランドのスニーカーに関するクチコミをチェックしてきたが、中国市場においてその2ブランドの牙城を…

【中国Z世代ライフスタイル】 批判にもさらされた2大スポーツブランドのクチコミはいかに?

中国でZ世代を中心に加熱するスニーカーブーム。 そのスニーカー市場において中国を含めた世界を牽引しているのが世界の2大スポーツブランドのNikeとA…

【column】 転換する中国EC、SNS環境の中で何が求められるのか

今年も中国における最大の商戦「ダブルイレブン」がスタートした。昨年は新型コロナウイルス後の消費動向を見る意味でも重要な商戦だったが、今年は異なる意味…