中国トレンドExpress

中国プロモーション理解のための「中国プロモーション総まとめ」

中国市場向けのプロモーションについて解説いたします。最低限おさえておきたいポイントや、社会背景、施策の事例もご紹介。ぜひ中国市場向けのプロモーション検討にお役立ていただけますと幸いです。

関連記事

中国カラコン市場における「完美日記」か? 注目の新鋭ブランドをクチコミ調査

中国のZ世代におけるファッションアイテムとなっている美瞳カラーコンタクト。その市場は現在、大きく変わりつつある。 その変化の代表的なものが、新鋭ブラ…

中国でヒットを生み出す商品開発の心得とは? 「Fujiko」ブランド生みの親・和田佳奈氏が語る消費者ベースの思考

中国市場開拓においてはもちろんマーケティング活動も重要だが、その商品が中国消費者のニーズに根差したものでなければならない。 トレンドExpressで…

【抖音分析】Vol.2 2021年618商戦における抖音のポジションとは?

やや例年とは異なる雰囲気を醸し出していた2021年上半期最大のEC商戦618。その目玉の一つとなったのが抖音(Douyin)の正式参戦である。 ショ…

【column】618大型商戦に潜むファンマーケティング争奪戦 大型商戦の新たな戦略は?

上期最大商戦の618も佳境に入っている。2021年も例年と変わらず各ブランドのプロモーション合戦が展開されており、主戦場であるECプラットホーム、ラ…

【mini column】改めて考える中国の「3人っ子政策」と今後のベビマタ市場

2021年6月1日から「夫婦1組につき3人までの出産を認める」というお達しが、中国政府より発表された。 70年代から1人っ子政策という人口抑制政策を…

【抖音分析】Vol1.0 抖音と抖音マーケティングを基礎から考える

2021年の中国商戦期も本格的にスタートした。T-MallやJD.comは例年よりも前倒しで618の予約期を開始させた。 その一因となっているのはシ…

【column】中国のマーケティングセオリーのこれからを考える

コロナ禍から回復を見せている中国市場は、世界からも注目されている。 もともとプレステージから一般大衆ブランドまで、欧米、日本、韓国、そして急成長を見…

【抖音分析】Vol.0 中国はTikTokでショッピング 抖音ECは中国EC市場改革者となれるのか?

若者を中心に世界的な「中毒」を巻き起こしているのがショートビデオアプリ「Tik Tok」。Z世代の求める“映え”る自己表現を可能にするアプリとして、…

5月1日からの「網絡交易監督管理弁法」 ライブに与える影響はいかに?

新たなオンライン交易の管理法施行まで、あと1か月となった。 拡大する中国のオンライン消費、特にライブコマース業界にはどんな影響があるのだろうか? ま…

中国化粧品市場攻略の必須知識 『2020年中国化粧品マーケティング白書』を読む

【今回はトレンドExpressのサービスのご紹介です】 現在、消費市場は世界的にもコロナ禍によって少なからぬ打撃を受けている。日本の企業はこの未曽有…