【特集】中国SNS情報最新版(3)WechatとWeiboだけじゃない中国SNS、各サービスの最新ユーザー数

中国トレンドExpressでは昨年12月に中国ソーシャルメディア利用状況まとめ(特集77号)をお届けしました。今回は2017年下半期をむかえ、各SNSのユーザーにかかわる最新の数字をお届けします。

ユーザー数は増加の一途の微信(WeChat)をはじめQQや微博といったメジャーなツールに加え、(2)で紹介した「使用率の高いSNS」トップ7から、最近課金サービスを開始したDoubanそして外資系で唯一ランクインしたLinkedInについて、基本情報と最新のニュースを中国のウェブサイトからピックアップしてご紹介します。

中国の基本SNSはチャットツールとマイクロブログ

微信(WeChat) ~MAUは脅威の9億人超え!

まずは、(2)でもその圧倒的な使用率を確認できた「WeChatタイムライン」を備える「微信(WeChat)」です。2017年4月24日にテンセントの傘下の「企鹅智酷」が発表した「2017年微信ユーザー&動態研究報告」からその数字を紹介します。(アクティブユーザー数は2017年第一四半期、そのほかは2016年の数字)

  • 月間アクティブユーザー数:9.38億人
  • 1日の平均使用時間:
    4時間以上(30.0%超)、2~4時間未満(約18.0%)、1~2時間(約20.0%)、30分~1時間未満(約15%)
  • アプリの月間平均利用時間:1967分(約33時間)
  • 平均フォロワー数:200人以上(約45%)、500人以上(13.5%)
  • 毎月のWeChat使用金額:
    500元未満(約37%)、500~1000元未満(21~22%)、1,000元~5,000元未満(約30%)、5,000元以上(10%超)

2016年年末のデータと比べると、平均フォロワー数の増加と決済利用額の増大が目を引きます。2016年末は平均フォロワー数約50人、決済利用額は100~300元が主流となっていました。

 

 微信朋友圏(WeChatタイムライン) ~ユーザー層の広さが特徴

WeChatタイムラインはWeChatに備わるSNS機能ですが、こちらの機能に限定した月間アクティブユーザー数は開示されていないようです。しかし、以下に見る「QQ空間」の使用率67.8%を上回っての85.5%という使用率であるため、やはり7~8億人程度のユーザーがいると考えられるのではないでしょうか。ユーザー層がどの年代、学歴に多いのも特徴です。

参考:
【40页报告】微信2017用户研究和商机洞察 | 企鹅智酷发布(出典:大辽网)(中国語)
腾讯2017年Q1财报:微信活跃用户数同比增长23%,QQ下降2%|新京报财讯(出典:鳳凰資訊)(中国語)

 

QQ ~元祖SNSチャットツール!

また同じく(2)の記事で、使用率第二位となったQQ空間をチャットツール「QQ」のユーザー数です。

  • 月間アクティブユーザー数:8.61億人
  • モバイルアプリユーザー:6.78億人

QQは微信(WeChat)を運営するテンセントが99年2月にスタートしたサービスで、登録ユーザー数は同年11月に6万人、翌年2010年4月には10万人を突破しました。2001年に2000万、2003年9月に2億、2004年に3億を記録しました。2003年にリリースした「QQ遊戯」がウェブエンターテイメントの先駆けとなり、ユーザーの拡大にも寄与したようです。またローンチ直後のWeChatとは異なり、PC版があり、容量の大きなデータも送れるのも特徴で、勤務先での業務に使うこともあります。(現在はWeChatもPC版があります。)

QQ空間 ~モバイル使用がほぼ100%

こちらは「QQ空間」のデータです。

  • 月間アクティブユーザー数:6.32億人
  • モバイルアプリユーザー:6.05億人

MAUでは、QQの8.61億人と比較すると2.3億人ほど少ないという結果になりました。モバイルでの使用がほぼ100%を占めていることがわかります。(2)でお伝えしていますが若年層のユーザーが多いようです。

参考:
图解腾讯(00700)2017年Q1财报(出典:新浪財経)(中国語)

 

新浪微博 ~MAU増加中、中国版ツイッター

続いて、使用率で第3位となった中国版Twitter「新浪微博」です。
※月間アクティブユーザー数は2017年第一四半期の財務報告による。対象期間は1月1日~3月31日
※そのほかは2016年年末の微博データセンター発表のユーザー報告書による

Page Top