中国トレンドExpress

【セミナーレポート】「山下智博」が刺さる!中国人ウケするクリエイティブ(1)中国動画業界はコンテンツ主導

中国トレンドExpressにて、月に一度開催している中国向けマーケティングセミナー。

今月10月は「中国人に刺さるクリエイティブコンテンツの作り方~中国で大人気のインフルエンサー山下君を生み出した名プロデューサーが登壇~」と題して《office339》より代表アートプロデューサーの鳥本健太氏にご登壇いただきました。

中国人消費者の心の中(インサイト)を発掘したうえで刺さるコンテンツを準備することは、訪日中国人向けインバウンドマーケティングや越境EC等を利用した中国国内向けアウトバウンドマーケティングを成功させる中核となります。

同セミナーでは以下の二つについて見識を深め、中国向けマーケティング、特に動画マーケティングについて知見を深めました。

  • 中国人と日本人のクリエイティブコンテンツに対する感度の「差」とは何なのか。
  • どういった施策・コンテンツが中国人消費者に「刺さる」のか。

第1回目の今回はoffice339のご紹介ならびに「中国の動画事情」について概観を見ていきます。

office339とは

まずは鳥本氏がCEOをつとめるoffice339について簡単にご紹介します。

2004年に上海へ渡った鳥本氏は、現代アートのキュレーション等のアート活動を、上海を拠点としてアジア各地で行ってらっしゃいました。その中で2006年に設立した会社がoffice339です。

もともとはアートプロジェクトの企画・運営や、広告・プロモーション活動を主としていましたが、インフルエンサー・山下氏の登場を受け、彼ら日本人KOL(インターネット上で、動画配信などを通してネットユーザーに支持され、インフルエンサーとして活躍する人たちのこと。キー・オピニオン・リーダー)のマネジメントや、動画制作なども手掛けるようになり、現在の業務内容は多岐にわたっています。

百花繚乱の中国「分散型メディア」には数多のプラットフォーム

ここ数年、日本でも「ユーチューバー」と呼ばれる動画配信者たちの活躍や、有名人のソーシャルネットワークサービスでの発言が取り沙汰されるようになりました。しかしその影響力はマスメディアに比較して限定的との印象を持っている方も多いでしょう。

そんな日本の状況と対照的に、中国では、ネットは既存のメディア以上に影響力を持つことがあるというのは既知の事実となっています。