中国トレンドExpress

【セミナーレポート】「山下智博」が刺さる!中国人ウケするクリエイティブ(2)中国人と日本人の感度の違い

第1回では、office339のご紹介と、そこで制作しているバラエティ番組を例に中国インターネット動画事情をお伝えいたしました。

 

▼中国の「ネット動画」日本との相違点についてまとめました!

【セミナーレポート】「山下智博」が刺さる!中国人ウケするクリエイティブ(1)中国動画業界はコンテンツ主導

 

続いて「中国人と日本人の感度の違い」について、事例を用いながら考察していきたいと思います。

「中国市場」を正確につかむには

まずはマクロ的な視点で一度中国市場を振り返ってみます。

昨今、中国市場から撤退する日本企業の事例は枚挙にいとまがありません。撤退に帰結してしまう要因は何なのでしょうか? 大まかにいえば以下の2点に集約できます。

  • そもそも中国人のインサイトがつかめていない
  • 日本が経済大国世界2位だった過去から、日本のほうが上だという意識から脱却できていない。

中国の経済状況や消費者動向を把握し、その中で「中国では何が売れて、どういったアプローチが有効なのか?」を模索していく必要があります。

中国のGDPが日本を抜いたのは2010年のことで、以来7年間、中国は世界第2位を保ち続け、2017年に至っては通年のGDPが当時の倍、80兆円を突破すると見込まれています。

中国の経済規模はすでに日本を上回っているという認識のもと、中国進出にとりかかる必要がありそうです。

日中「笑い」の違い ~「待ってました」のボケがはまる

さてそれでは本題に進みましょう。日本人の感じる「面白い」と、中国人の「面白い」には相違があります。

日本では最近、ブラックジョークなどのシュールなギャグ、またはあえて面白くないことを披露したり、制作側の内情を暴露することで笑いを誘ったりする、いわゆる「裏の笑い」といった技法が認知されています。

しかし、いまの中国ではそういったものは全く受けません。彼らが好むのはしっかりとわかりやすい伏線を張り、笑いどころが誰からもわかる、コテコテのギャグです。(日本人から見ると、「昭和の笑い」だと思えるかもしれません。)