【中国消費者】 中国消費者井戸端会議 第2回ダブルイレブンと小紅書、拼多多ってどうよ?

多様化していく中国消費者のニーズ。それを把握するためにもWeiboやWechatなどのソーシャルビッグデータは非常に有用なツール。それををより正しく分析するための情報をお伝えする「上海の消費者座談会」。上海でショッピング大好きな女性3人にご参加いただき、ECの使い方、情報の取り方、日本の商品についてまで、自由奔放に、好きなだけ語っていただいております。

今回は前回に引き続き、ユーザー目線での「ダブルイレブン(双十一 独身の日)」、そして今注目の「小紅書(RED)」についてお届けします。

今回の参加者
Jessicaさん(30代)
葛さん(20代後半)
KANAさん(30代)

▼前回の記事は
【中国消費者】 中国消費者井戸端会議 第1回~ECってどうよ?~
▼この記事のつづきは
【中国消費者】中国消費者井戸端会議 第3回 消費者が考える今後の中国の消費って?

Page Top