【セミナーレポート】China Beauty(3) ~アプリ「抹茶美粧」情報拡散の秘訣~

(2)では、コア消費者層となる10代後半・20代前半の女性たちが情報収集において主にモバイル端末の美容アプリを利用し、購入場所についてはECサイトが盛り上がってきているという点を調査結果とともにご紹介しました。

本編では、美容アプリ「抹茶美粧」を取り上げ、そのユーザーと実際の機能を紹介しながら、アプリを通じての購入者獲得までの戦略を具体例を交えて紹介していきます。

「抹茶美粧」とは?

今回のセミナーにご登壇いただいたのはトレンドExpressの戦略パートナーである雲遥互動科技で数々のプロモーションを手掛けてきたPJです。

雲遥互動科技 PJ氏

雲遥互動科技社は2013年、成都において黄毅氏と許澤氏により、美容アプリ「抹茶美粧」のリリースによって創業されました。当初資金面で苦労しつつも、投資家より多額の支援を受けて会社の信用度を上げ、翌年には北京に支社を構えるまでに成長しています。

「抹茶美粧」は、今や中国最大級の美容用品クチコミデータベースとなっているだけでなくアプリ内の様々な機能により、コミュニティサイト・美容動画のプラットフォームとしても活用されています。B to Cの販売チャネルとしても効果を発揮し、サンプリング提供や、KOL(キー・オピニオン・リーダー、中国国内で人気の動画配信者たち)の出演する動画制作・配信を通じ、消費者を取り込むプロモーションを実践し続けています。

数字で見る「抹茶美粧」 登録ユーザー2,500万人、DAU200万人、増加ユーザー/日3万人、月平均PV数4億5,000万PV、1動画あたりの平均視聴回数40万回、ユーザー平均使用時間30分、2016年度広告収入2,500万元(4.25億円)、クライアント数100社以上

登録ユーザー数は2500万人、その中でも毎日コンスタントに利用しているユーザーは200万人います。

最も重要なのはその一人のユーザーがアプリ利用に費やす時間で、当初10分程度だった利用時間は30分まで伸びています。この時間でユーザーが行っていることは、企業が提供するプロモーション動画の視聴のみならず、クチコミの投稿や閲覧コメントの書き込み、ユーザー同士の交流などで、SNSとしての側面も強いことがうかがえます。

「茶友」と呼ばれる「抹茶美粧」ユーザーたちは、アプリ内でメイクを教えあったり、商品の情報を交換しあったり、積極的に交流しています。

 

「茶友」のユーザー層をデータから確認してみます。

Page Top