中国トレンドExpress

【セミナーレポート】「山下智博」が刺さる!中国人ウケするクリエイティブ(4)「自己肯定感」と「自虐」、突き抜けた作品が中国人の心を打った

(3)では、いかにコンテンツの中に「自分事化」出来る、共感や能動性を誘うものを自然に配置することが重要かといった点を見てきました。

 

▼セミナーレポート、ここまでの3編はこちら!

【セミナーレポート】「山下智博」が刺さる!中国人ウケするクリエイティブ(1)中国動画業界はコンテンツ主導

【セミナーレポート】「山下智博」が刺さる!中国人ウケするクリエイティブ(2)中国人と日本人の感度の違い

【セミナーレポート】「山下智博」が刺さる!中国人ウケするクリエイティブ(3)能動的受容「自分事化」を意識したプロモーション

 

続いては「自分事化」を引き起こすことに成功したブランディングの事例を紹介します。

また、日本より発達しているインターネット社会において、一躍有名人になった山下智博氏の、その成功の軌跡を追いたいと思います。

「自撮りとシェアは基本」中国人の常識

WeiboWeChatを見ていると、日本のSNSとの違いに気づきます。

違いとは、「頻繁に自分のアイコンを変更する」「アイコンは本人の自撮り写真が多い」という点です。そして、WeChatでつながっている友人のフィードに表示される「タイムライン」(朋友圏)には投稿が連なります。

こういった特徴は、どちらかというと閲覧専用などで受動的にSNSを活用している日本人にとって「中国人は積極的」という印象を抱かせます。

日本人と比べ中国人はSNSなどを通じて外に発信することについても非常にポジティブです。

中国人にとって「自分が好き」で、「自分の経験を発信する」ことに積極的であることは常識です。こういった事実を踏まえ、PR施策に「体験のシェアをしてもらえるキッカケ」を組み込んだ事例もあります。

例えば、デジタルサイネージに関するインタビュー(中国トレンドExpressサイト内)でご紹介していますが、製菓メーカーBAKEの棒型シュークリームを販売する中国第一号店のオープンイベントです。