【越境EC】 潜入! 日中越境ECを動かす 日本在住ソーシャルバイヤーたちの祭典(1)

季節外れの暑さに見舞われた4月末、都内某所に日本在住のソーシャルバイヤーたちが集まるという情報をキャッチした我々『中国トレンドExpress(略称:CTE)』編集部。さっそく会場に潜入し、日本で活動するソーシャルバイヤーたちの様子を探ってきました。

当日、私たちが会場に到着した時には、すでに多くのソーシャルバイヤーたちが集まっていました。その数4,50人といったところで、性別や年齢も様々。会場はやや異様な熱気に包まれていました。

このイベントのタイトルは「微店海外店主見面会」。ソーシャルバイヤーたちが出店、中国の消費者向けに販売ができるプラットホームアプリ・微店が主催した、日本在住ソーシャルバイヤーたちに向けたイベントなのです。

※いまさら聞けない「ソーシャルバイヤーとは何ぞや?」
個人で商品を買い付け、SNSを使って消費者に告知、販売を行う人たちの事。2014年から始まった「爆買」ブームの真の火付け役とも。多くは留学生や主婦、ビジネスマンですが、専業ソーシャルバイヤーも多数存在している模様で、中国のソーシャルバイヤープラットホーム上には45万店舗もの日本商品取扱店舗が存在していると言われています。

▼参考
【緊急企画】中国EC商戦の戦い方③ 信用がイノチ! 知られざるソーシャルバイヤーの世界

【緊急企画】中国EC商戦の戦い方④ 発信力と販売力。新たな道を示すソーシャルバイヤーたち

※ソーシャルバイヤーを使った越境ECサービス「越境EC X(クロス)」についてはこちらから。

Page Top