中国トレンドExpress

【セミナーレポート】China Beauty(5)~「抹茶美粧」プロモーション事例~

(4)では、美容アプリ「抹茶美粧」の動画拡散力淘宝(タオバオ)との連携によるオンライン・マーケティングサイクルの解説に加え、KOLの存在意義」と美容製品との相性の良さ、そして中国美容市場におけるサンプリングの意義について解き明かしてきました。

本編では、「抹茶美粧」内の動画コンテンツ「摩卡動画」を使っての実際のプロモーション事例について解説いたします。

【事例1】動画からEC ~1日で140件購入のDiorクリーム、2日で4,500件ヘアアイロン+写真プリンタ

Diorスキンクリーム

2016年9月、世界的コスメブランドDiorが、新商品「ドリームスキン 美肌修正クリーム」を全世界へ向けて同時発売しました。

これに先駆けて、「抹茶美粧」では、人気KOL3名を起用したモバイル端末向け動画広告を制作。この商品のプロモーションとしては、世界で一番早くモバイル端末に特化したものとなりました。

このプロモーションでは、3名のKOLがそれぞれひとりずつ出演した3種類の動画が製作されました。これは、KOLの特性に合わせて、それぞれ違う角度からブランドと商品の理念を表現するためで、例えば、「商品の特徴だけではなく、メイクのハウツーを含めて紹介する」など、彼女たちが得意とする手法で様々なアプローチをします。

 

「Diorドリームスキン」広告動画再生

▲KOLの出演する動画が、アプリ「抹茶美粧」内で各出演者のアカウントにてアップロードされている

 

動画はアプリ「抹茶美粧」内でアップすると同時に、広告バナーも掲載します。このバナーは、アプリの立ち上げ時にポップアップ広告として表示され、トップページバナー、コミュニティコンテンツ内のバナーにも連動して表示されます。

バナーは提携している動画サイト、SNSアプリでも配信され、広告+コンテンツの2軸で誘客をする構図となりました。同時に、出演しているKOLは新浪微博、微信(WeChatの自身のアカウントで動画を投稿し、その拡散効果によってターゲット層の裾野にも幅広くいきわたります。

これにより、動画アップ当日の動画再生数は、「抹茶美粧」内で80万回、サイト外では合わせて120万回に上り、広告期間の総再生回数は900万回を超えました。

この商品の購入チャネルは、動画から直接ブランドのECサイトへリンクをはりました。これにより、広告視聴から購入までシームレスで行うことができます。発売当日、オフィシャルサイトでは、「摩卡動画」経由では140件の購入がありました。